デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 青森県、リモート観光『青森の...

青森県、リモート観光『青森の名店巡る旅 ~オステリアエノテカ ダ・サスィーノ篇~』を企画

青森県、リモート観光『青森の名店巡る旅 ~オステリアエノテカ ダ・サスィーノ篇~』を企画


青森県は、リモート観光サービス「あおもりもーとツーリズム」において、『青森の名店巡る旅 ~オステリアエノテカ ダ・サスィーノ篇~』を10月24日(日)・11月14日(日)の2回セットの企画にて実施する。

■概要
青森県弘前市において数少ないイタリアンレストランでありながらも、日本を代表する名店〈オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ〉。そのお店の笹森通彰シェフは、料理だけではなく、自ら野菜や生ハム、チーズ、ワインまでを素材から作り出す姿勢が全国から注目され、数々の雑誌やTV「情熱大陸」など、多数のメディアに取り上げられる経歴をもつ。
本企画では、笹森シェフとコラボした2回セットのリモート観光をご案内。


<「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」公式サイト URL>
https://dasasino.com/

■第1回(2021年10月14日(日)13:00-14:00)
多くのワインラバーから愛される笹森シェフのワインを、ぶどう畑でゆっくりテイスティングできるリモート観光。笹森シェフが作り出すワインのぶどうは弘前産。農園での種植え、雪解けの土を耕す。種を植え、育てる。自家製のワイン用のブドウの手入れをする。紅葉が始まる頃にはスタッフ総出でブドウを収穫し、ワインを醸造する。ラベリングし、初めてお客様に届く。こだわりの自給自足の様子を感じながら、世界レベルのワインが堪能できる。

※「弘前ネッビオーロ 2019(赤)」・「弘前マルヴァジア 2020(白)」の2本を事前発送。当日試飲するワインは当日配信するぶどうの生育状況によりどちらか一本となり、もう1本のワインは第2回の開催時に試飲予定。

■第2回(2021年11月14日(日)19:00-20:00)
遠方から訪れるゲストも後を絶たない人気店のフルコースとワインを味わえるリモート観光。湯煎と盛り付けなど簡単な手間で仕上がる状態で、事前にお料理を発送。準備ができたら、笹森シェフと一緒に、究極の自給自足によるフィロソフィーを感じながら、弘前の名店の味を堪能できる。

■笹森 通彰シェフ
1973年青森県弘前市生まれ。
仙台のイタリア料理店で料理に目覚め3年勤める。その後3年間、都内の有名店などで修行し、2001年1月に渡伊。ミシュラン2つ星レストラン「ドラーダ」、「アルノルフォ」をはじめ各地で2年半修行。 2003年6月帰国。同年8月、30歳を機に、弘前にイタリアンレストラン「オステリアエノテカ ダ・サスィーノ」をオープン。
料理だけではなく、自ら野菜や生ハム、チーズ、ワインまでを素材から作り出す姿勢が全国から注目され、数々の雑誌やTV「情熱大陸」など、多数のメディアに取り上げられる。

【申し込みについて】
■タイトル:青森の名店巡る旅~ オステリアエノテカ ダ・サスィーノ篇 ~
■開催日:①10月24日(日)13:00~14:00
     ②11月14日(日)19:00~20:00
■配信方法:zoomによる生配信
      ※当選者には前日までに参加用URLを送付。
■参加費:15,000円(①②セット価格)
■定員:10名(抽選販売)
■申込期間:10月9日(土)~10月17日(日)23:59
      ※定員以上の申込があった場合、厳正なる抽選を行い、
       10月18日(月)に当選者に連絡。
■応募方法:公式サイトから→https://aomori-remote-tourism.jp

(執筆:デジタル行政 編集部 和泉 理子)