デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 愛知県、海外のサーキュラーエ...

愛知県、海外のサーキュラーエコノミーの最新事情をテーマとする循環ビジネスセミナーをオンラインで開催[ニュース]

愛知県、海外のサーキュラーエコノミーの最新事情をテーマとする循環ビジネスセミナーをオンラインで開催[ニュース]

愛知県では、先導的な循環ビジネスの振興を支援するため、環境パートナーシップ・CLUB※1(EPOC)と協働で「循環ビジネスセミナー」をオンデマンド配信により開催する。

今回のビジネスセミナーは、「欧州に学ぶサーキュラーエコノミー最新事情~オランダの実態を知り今後の取組を探る~」をテーマとして、サーキュラーエコノミー※2の最新の動向や欧州の事情を現地事例を交えて紹介するものとなってる。

視聴料は無料。

その他、詳細情報は次のとおり。

1 配信期間

2021年7月15日(木曜日)午後1時から12月14日(火曜日)午後5時まで

2 視聴方法

YouTube(「EPOCチャンネル」オンデマンド配信)

※以下のURL参照

URL:https://www.youtube.com/channel/UCDq1tDWKyxe7jdn9Fbdgz8

3 テーマ

欧州に学ぶサーキュラーエコノミー最新事情~オランダの実態を知り今後の取組を探る~

4 内容

(1) 開会挨拶

(2) 講演 (60分)

  「欧州で広まる新しい経済政策『サーキュラーエコノミー』」

    Circular  Initiatives & Partners代表 

    安居 昭博(やすい あきひろ) 氏 *3

(3) 事例紹介(30分)

  オランダ・アムステルダム市における先進事例を講演者が紹介

    〈主な事例〉

  ・ 「一流シェフが腕をふるう、廃棄食品レストラン」 【飲食業界】 

  ・ 「メガバンク(ABN AMRO)による分解できる建築」 【金融業界】 

  ・ 「サーキュラー型プロダクトデザイン」 【アパレル業界】 

  ・ 「フローティング・コミュニティという海面上昇対策」 【建築業界】 

  ・ 「ユーザーが修理できるエシカルスマートフォン」 【通信業界】

 5 視聴料

無料(YouTubeの通信料は自己負担)

※1 環境パートナーシップ・CLUB(略称:EPOC)

 環境行動に熱意のある企業・団体等約260者が集まり、業種・業態の枠を超えて、環境負荷低減活動等に関する研究、交流、実践及び情報発信を行っている団体。

※2 サーキュラーエコノミー

 従来の大量生産・大量消費・大量廃棄に代わり、製品と資源の価値を可能な限り維持し、廃棄物の発生を最小化する経済システム。

*3 講演者 安居 昭博 氏 

 Circular Initiatives & Partners 代表

 世界経済フォーラム Global Future Council の日本代表

 1988年生まれ。オランダと日本の二国間で活動しており、これまで50を超える日系企業・自治体を対象に、サーキュラーエコノミーを紹介している。

 こうした、サーキュラーエコノミーを広く発信する活動が評価され、2019年に「SDGs Creative Award 2019」の特別賞を受賞している。

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)