デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 網走市、2020年度の行政手...

網走市、2020年度の行政手続オンライン化状況を公表[ニュース]

網走市、2020年度の行政手続オンライン化状況を公表[ニュース]

北海道網走市は、2017年10月から施行された「網走市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例」第8条の規定に基づき、5月20日に同市のホームページ上で、行政手続きのオンライン化状況(2021年4月1日現在)を公表した。

同市の行政手続きの中で、オンライン化を実施している手続は下記のとおりである。

※(    )は、業務所管課

・児童手当に関する手続等(健康福祉部子育て支援課)

・児童扶養手当に関する手続等(健康福祉部子育て支援課)

・保育に関する手続等(健康福祉部子育て支援課)

・母子保健に関する手続等(健康福祉部健康推進課)

また、それぞれの手続きのオンライン利用状況は下記のとおりである。

出典:網走市HP

現在国をあげた行政サービスのデジタル化に向けた取り組みが進められているが、その進展は地域特性により多種多様であること。そして、住民への確実な認知や、サービスの利便性がしっかりと住民に理解されることが、普及の大前提であること。また、行政手続の望ましいチャネルがどうあるべきかについて、議論の余地があることを、改めて認識させられる状況であるともいえる。

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)