デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 大阪府、大阪モデルのスマート...

大阪府、大阪モデルのスマートシティの実現に向けた取組み[ニュース]

大阪府、大阪モデルのスマートシティの実現に向けた取組み[ニュース]

大阪府は、人口約881万人※が暮らす近畿地方の経済・交通の中心都市。

大阪では、住民の生活の質(QoL)の向上や都市機能の強化を図っていく上で先端技術を活用した「スマートシティ」の実現は不可欠だとして、スマートシティ化に向けた具体的な方向性や実践的な取組を示す「大阪スマートシティ戦略」を策定しており、大阪モデルのスマートシティの実現に向けた取り組みを数多く行っている。

デジタル行政ではこれまでこうした大阪府内の自治体の取り組みを数多く取り上げてきた。

今回はその一部を紹介する。

※人口は令和2年国勢調査の人口速報集計結果を基にした推計値。令和3年9月1日時点。

大阪府のスマートシティに関する取り組みはこちらのホームページから

https://www.pref.osaka.lg.jp/it-suishin/sc/index.html

東大阪市、複業クラウドを通じて民間の複業人材6名の登用を決定[ニュース]

大阪市、5Gビジネスマッチングプログラムを実施[ニュース]

トラストバンク、行政専用ビジネスチャット「LoGoチャット」が大阪府内23自治体に導入決定、共同調達で行政DX推進 [ニュース]

豊中市、オンラインでの特定保健指導を受けた人への特典を新たに追加[ニュース]

藤井寺市、スマートグラス活用による農家と飲食店の新たなマッチング会の実証実験【藤井寺モデルのスマートシティ】[ニュース]

(執筆:デジタル行政 編集部 大野 裕貴)