デジタル行政について
  • TOP
  • 記事
  • 都内企業の6月テレワーク実施...

都内企業の6月テレワーク実施率は63.6%-東京都、調査結果を公表[ニュース]

都内企業の6月テレワーク実施率は63.6%-東京都、調査結果を公表[ニュース]

東京都は、6月の都内企業のテレワーク実施状況についての調査を実施し、その結果を公表した。

従業員30人以上の都内企業のテレワーク実施率は63.6%。5月の前回調査(64.8%)に比べて1.2ポイント減少した。

従業員300人以上の企業では、実施率は88.8%と高いが、100人未満(30人以上99人以下)の企業では、53.6%にとどまった。

従業員規模別実施率(6月)


また、テレワークを実施した社員の割合は49.2%と、前回(54.8%)に比べて、5.6ポイント減少。また、テレワークの実施回数は、週3日以上の実施が48.3%と、前回(49.9%)に比べて、1.6ポイント減少した。

テレワークの実施回数については、週1日が最も多く、これに次いで週5日が多い。また、週3日以上の実施は48.3%となっている。

テレワークの実施回数

東京都では終日のテレワークに加え、半日・時間単位のテレワーク(テレハーフ)を推奨しているが、テレワーク実施企業のうちこれを実施している割合は21.3%で、前回(17.8%)に比べ3.5ポイント増加した。

「テレハーフ」活用状況

(執筆:デジタル行政 編集部 野下 智之)